コラーゲンサプリに副作用はあるの?過剰摂取で下痢やニキビができる?

コラーゲンサプリの副作用

美肌やアンチエイジングには欠かせないのがコラーゲンです。しわやたるみなどの肌の悩みを改善したくて、コラーゲンサプリ飲んでいる人もいますよね。

サプリは基本的には安全で心配はありませんが、やはり飲みすぎてしまうと思わぬ副作用を起こしてしまいます。

そんなコラーゲンサプリの副作用について紹介しましょう。

加増摂取で内臓系に負担がかかる

内臓負担がある
コラーゲンはたんぱく質から作られています。体内で消化吸収された後、分解や再合成されて、体のあらゆる部分で使われます。過剰にコラーゲンサプリを飲んでしまうと消化吸収、分解や再合成が追いつかなくなって、内臓系で副作用を起こすことがあります

腸に負担がかかり便秘や下痢に

お肉をたくさん食べ過ぎてしまって、便秘や下痢をすることがありますよね。お肉には動物性たんぱく質がたっぷりと含まれていて、腸で消化不良を起こしてしまうからです。

コラーゲンもお肉と同じように動物性のたんぱく質が原材料になっていますから、コラーゲンサプリを飲みすぎると腸で消化しきれなくなります。

消化不良を起こすと、腸の働きが乱れますから便秘や下痢を起こしやすくなります

肝機能に負担がかかる

たんぱく質を分解したり合成したりしているのは肝臓です。たんぱく質からアミノ酸に分解され、肝臓に運ばれてきたアミノ酸を再合成して、体に必要なたんぱく質を作り出しています。コラーゲンサプリを過剰に摂取してしまうと、分解や合成する肝機能に負担がかかりすぎて肝機能の低下を招いてしまいます。

過剰摂取による肌への影響

肌にハリと弾力を与えてくれるコラーゲンサプリですが、必要以上に取りすぎてしまうと肌に悪影響を与えてしまいます。

ニキビや肌荒れを起こす

適量のコラーゲンサプリなら肌の保湿やハリを高めてくれて、ニキビ予防や改善に役立ってくれます。しかし、過剰にサプリで摂取しすぎてしまうと、皮脂が過剰に分泌されてニキビや肌荒れを起こしてしまいます。

皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビの原因になるアクネ菌が繁殖しやすくなりますから、ニキビが増えたり悪化させてしまうことになります。コラーゲンサプリは美肌の元ですが、やはり取りすぎは肌にもいいことはありません。

コラーゲンとニキビの関係性について詳しくいこちら書いています。▼
コラーゲンサプリでニキビが増える?ニキビ跡が消えた?

体型にも影響を与えてしまう

コラーゲンサプリの取りすぎは太りやすい体を作ってしまいます。皮下脂肪が増えてしまったり、なかなか消えないセルライトの原因になることもあります。

美肌やアンチエイジングには欠かせないのがコラーゲンです。しわやたるみなどの肌の悩みを改善したくて、コラーゲンサプリを飲んでいる人もいますよね。サプリは基本的には安全で心配はありませんが、やはり飲みすぎてしまうと思わぬ副作用を起こしてしまいます。

そんなコラーゲンサプリの副作用について紹介しましょう。

体型にも影響を与えてしまう

コラーゲンサプリの取りすぎは太りやすい体を作ってしまいます。皮下脂肪が増えてしまったり、なかなか消えないセルライトの原因になることもあります。

脂肪やセルライトの原因に

体の中で処理しきれなかったたんぱく質は脂肪として体に蓄えられてしまいます。コラーゲンもたんぱく質の一種ですから、サプリで過剰に飲みすぎると脂肪として体に付く可能性があります。

太ももなどによく見られるボコボコと硬いセルライトは、脂肪細胞にコラーゲン線維がくっ付いたものです。そんなコラーゲン線維が増えてしまいますから、セルライトを増やす原因にもなります。

また、コラーゲンがプルプルしているのは、他の保湿成分と協力して水分を蓄えようと働いているからです。余分な水分を増やしてしまって、むくみの原因にもなってしまいます。

1日に必要なコラーゲンの量

健康や美容に役立つコラーゲンサプリでも、取りすぎたら悪影響を与えてしまいます。目安となる量をしっかり守って、過剰摂取しないのが一番大切です。そのためにも、1日に必要なコラーゲン量を知っておきましょう。

女性の1日の平均摂取量は1.900mg

20代から50代の女性が1日に食事などから取っているコラーゲンの量は、平均で1.900mgです。肉や魚に多く含まれていますから、普通に栄養バランスの整った食事をしているなら、問題ありません。

ダイエット中で高カロリーは食事を控えている方は、肉や魚を食べる量も少なめですから、平均よりも少なくなってしまいます。コラーゲンが不足すると肌がかさついたりしわが増えたりしますから、サプリで補ってあげるようにしましょう。

美容目的なら5.000mgから10.000mg

年齢と共に体内のコラーゲン量は減ってしまいますから、1日の平均量だけではコラーゲンは不足してしまいます。

しわやたるみを改善したい、ぷるぷるの肌になりたいなどの目的があるなら、1日に5.000mgから10.000mgのコラーゲンを取るのが効果的です。

食事から1.900mg取っているなら、サプリで残りを補うようにして、1日の上限10.000mgを超えないようにすれば大丈夫です。サプリの目安量をきちんと守って飲んでいれば、上限を超えることはまずありません。

説明書やパッケージに1日の目安量が書かれていますから、それを超えないようにしましょう。

コラーゲンが含まれる食べ物についてはこちらから▼
すっぽん鍋コラーゲンが多く含まれる食べ物は?コラーゲンサプリとの違いは?

目安量を守って継続してコラーゲンサプリを飲む

コラーゲンサプリは薬ではありませんが、過剰摂取してしまうと健康や美容によくない副作用を起こしてしまいます。大量に飲んだからと言って、しわが早く消えたりたるみがリフトアップするわけではありません。

じっくり体内から体や肌に作用しますから、副作用なく安全に悩みを改善するためにも、量をきちんと守って長期的に飲むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です