コラーゲンサプリが髪にもたらす効果とは?薄毛に効果があるの?伸びたり太くなるって本当?

コラーゲンで薄毛予防

コラーゲンというとプルプルの弾力ある肌を作ってくれますから、しわやたるみが気になる女性で、コラーゲンサプリを飲んでいる人も多いですよね。

コラーゲンサプリは肌だけじゃなくて、髪にも作用してハリやコシがアップして、薄毛予防にも効果があります。そんなコラーゲンサプリの髪への影響について紹介しましょう。

コラーゲンはたんぱく質の仲間

コラーゲンはたんぱく質の一種で、アミノ酸から作られています。年齢と共にコラーゲンだけでなく体内のたんぱく質の量も減ってしまいますから、髪がぱさついたりボリュームがなくなってきたりします。

コラーゲンは分解されてたんぱく質として使われる

コラーゲンサプリを飲んだからと言って、体の中でそのままコラーゲンとして使われるわけではないのです。いったんアミノ酸に分解されてアミノ酸として仕事をしたり、たんぱく質に合成されて健康を保つために使われています。

髪の毛もケラチンというたんぱく質から作られていますから、コラーゲンサプリで年齢と共に不足しがちなたんぱく質をしっかり補うことができるんです。ハリやコシのある美しい髪を作るのに役立ってくれて、抜け毛や薄毛予防に一役買ってくれます。

健康な頭皮が健やかな髪を作る

頭皮も顔とつながった皮膚の一部です。顔が加齢によって潤いやハリを失ってしまって、しわやたるみが起きてしまうように、頭皮の衰えで抜け毛や薄毛の悩みが増えてしまいます。40代では20代の半分くらいの量に減ってしまうコラーゲンは、頭皮の老化とも深い関係があります。

頭皮から髪の毛が作られる

髪の毛がどこで作られているか知っていますか?頭皮の奥にある毛根の毛乳頭という部分が毛細血管から栄養をたっぷりともらって、毛母細胞が細胞分裂して成長していきます。

顔と同じように頭皮が潤いやハリを失ってしまうと、血行が悪くなりますし細胞分裂もしにくくなります。新しい髪が作られにくくなったり成長力が低下してしまうんです。

栄養をしっかり取ることができませんから、髪もやせ細って元気のない髪が生えやすくなり、抜け毛や薄毛が増えてしまいます。

頭皮でのコラーゲンの役目

頭皮は顔と同じ皮膚ですから、頭皮の奥を支えているのはコラーゲンです。加齢によるコラーゲン不足の影響を当然受けてしまって、頭皮の衰えが進んでしまいます。カチコチに頭皮が硬くなってハリや弾力が失われてしまって、発毛や育毛しにくくなるんです。

コラーゲンサプリでコラーゲンを補ってあげると、頭皮が本来の機能を果たせるようになり、薄毛などの悩みを改善してくれます。髪が育ちやすい柔らかくて潤いのある頭皮になれますから、健やかな髪を取り戻してくれます。

昔のような成長力を取り戻せますから、髪の伸びるスピードもアップしてくれます。

アミノ酸を補って頭皮を元気に

健やかな頭皮でいるためには、コラーゲンだけでなくアミノ酸も必要です。コラーゲンサプリは一度体内でバラバラになってアミノ酸になりますから、体内のアミノ酸を増やしてくれます。それが頭皮の状態をよくするために使われますから、ハリやコシのある髪が生えやすくなります。

髪や頭皮のエイジングに期待できるコラーゲンサプリの効果

髪も頭皮も年齢と共に大きく変化してきます。そんな髪と頭皮のエイジングに、インナーケアでコラーゲンサプリを取るといったいどんな効果があるのか、見ていきましょう。

ハリやコシのある髪を育てる

加齢によって髪の毛がやせ細って、ボリューム不足になってしまいます。そんな髪のエイジングにコラーゲンは役立ってくれます。ある研究では、1日に14gのコラーゲンを2ヶ月間摂取したら、髪の毛の太さが10%も太くなったという結果が出ています。

つまり、元気のなくなった髪にハリやコシを与えて太くしてくれますから、ふんわりとボリュームアップした髪になれます。

頭皮の保湿効果を高める

頭皮のエイジングで頭皮環境が悪化してしまうと、頭皮が硬くなったりかゆみやフケなどのトラブルも増えてしまいます。ハリや弾力を高めるコラーゲンサプリを取り入れてあげれば、頭皮の保湿効果を高めるのに役立ってくれます。

ハリや柔軟性を取り戻した頭皮は外部刺激にも負けなくなりますから、フケやかゆみを減らして頭皮トラブルを減らしてくれるんです。柔らかくなった頭皮は毛根などにしっかり栄養を運ぶことができますから、元気な髪を育てやすくなります。

頭皮も顔と同じで、不足するとたるみが起きて毛穴が縦長になり、髪のうねりが出てしまいます。ハリや弾力が回復すれば毛穴も引き締まって、ストレートでうねりのないツヤ髪になれます。

髪の毛を増やすサポート効果に期待できる

髪の毛を作っている大元の細胞が毛包幹細胞というものです。年齢と共に毛包幹細胞が衰えてしまって、機能できなくなった毛包が増えて、髪の毛の本数が減ってしまいます。

この毛包幹細胞の衰えを防ぐのに役立ってくれるのが17型コラーゲンです。加齢によって17型コラーゲンが減ってしまって、毛包幹細胞が劣化しやすくなりますから、これを補ってあげれば髪の本数が増えてくれます。

コラーゲンサプリに入っているコラーゲンは17型コラーゲンではありませんが、体内で17型コラーゲンを作る元になってくれるんです。コラーゲンサプリを長期飲んでいるうちに、髪の本数を増やす効果にも期待できます。

白髪を予防して若々しく

毛包幹細胞の衰えを防いでくれる17型コラーゲンは、色素細胞の衰えを防ぐ働きも持っています。髪は作られた時には無色透明で、そこに色素細胞が色を付けくれて、黒髪として成長していきます。

そんな色素細胞も年齢と共に衰えてしまいますから、色の付いていない白髪として生えてきてしまうんです。コラーゲンサプリは17型コラーゲンを増やすのに役立ってくれますから、色素細胞の老化も一緒に抑えてくれて、白髪が生えにくくなるんです。白髪予防に役立ってくれて、見た目年齢を若く保てるというわけです。

髪や頭皮にいいコラーゲンサプリの選び方

コラーゲンは美容の源ですから、数え切れないくらいのコラーゲンサプリが販売されています。髪や頭皮の衰えを回復させるためには、やはり選び方をしっかり押さえて、効果に期待できるものを選ばないといけません。

コラーゲンの配合量が多いもの

普通の人が1日に摂取するコラーゲンの目安は5gです。髪や頭皮にもしっかりコラーゲンを届けるためには、やはり10g程度は取りたいものです。コラーゲンサプリを選ぶ時には、1日10g程度は摂取できるくらいコラーゲンが豊富に含まれているものがベストです。

同じ値段でもコラーゲンが少ないと効果も薄くなってしまいますから、コラーゲンの配合量に着目しましょう。

体に吸収されやすいタイプのもの

コラーゲンそのものは分子量が大きいですから、体への吸収力があまりよくありません。大量にサプリにコラーゲンが入っていても、体内で無駄になってしまいます。

一番小さなコラーゲンペプチドとして配合されていたり、低分子化されているものなど、何らかの工夫がされているサプリを選びましょう。たくさんのコラーゲンを体内に取り込めて、髪や頭皮にも使われやすくなります。

ビタミンやミネラル配合のもの

コラーゲンだけでなくビタミンやミネラルなど、美容にいい成分が入ったコラーゲンサプリを選びましょう。コラーゲンの合成を助けてくれるビタミンC、たんぱく質合成をサポートする亜鉛、代謝アップに役立つビタミンB群などは要チェックです。
コラーゲンで薄毛予防
しっかりとコラーゲンに働いてもらうためにも、サポート成分の種類もしっかり成分表でチェックしましょう。

コラーゲンサプリを長期で取り入れていく

髪の生え変わりのサイクルはとても長くて、数ヶ月から数年くらいはかかってしまいます。美髪や頭皮ケア、髪のエイジングのためにコラーゲンサプリを飲むなら、効果が実感できるまでには時間がかかります。

髪にも肌にもいい効果が満載ですから、気長に長期続けていくことを目標に取り入れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です